LOUIS GARNEAU (ルイガノ) 子供 キッズ 自転車

LOUIS GARNEAU

ルイガノ LOUIS GARNEAU キッズ 子供用 自転車

ルイ・ガノーが生まれたのはカナダの東海岸に位置するケベック市。
ここで育ったルイは5歳の時に自転車と出会いました。
彼はまたたくまに自転車のライディングテクニックを身につけ、13歳で自転車レースを始め、
1984年、ロス・オリンピックのカナダの代表となりました。
その一方で彼は大学の芸術学部に進み、1981年には「ルイガノ」ブランドで、14色のアートなサイクルウェアを創作し好評を博しました。
自転車に実際に乗り、その魅力を知り、創作へと活かす。これが「ルイガノ」ブランドの原点なのです。
さらに続くより良い自転車づくりへの挑戦。

現在では自転車本体からライディングに必要とされる様々なアクセサリーまでをトータルに製品化し、人気を博するルイガノブランド。
五輪にも出場したサイクリストとしての熱い情熱。さらにはケベック市の美術館にも、その作品が展示されるアーティストの思い。
ルイのこうした思いが、レースにも耐え得る高度なスポーツ性、美しいファッション性、そして年齢を問わず一人ひとりに応じた
多彩な自転車づくりを推し進めてきました。この思いは現在まで決して止むことがなく、今もまた新たなチャレンジを続けています。

49