ISM (アイエスエム サドル) 2つに分かれたノーズが快適性の追求 ATOMIC Cycle(アトミック サイクル)

ISM(アイエスエム)

ISM(アイエスエム)

ISM (アイエスエム サドル)

ノーズ部分が2つに分かれ独立している、これが重要。
ISM(アイエスエム)サドルの成功によって、この独特な形を取り入れたデザインを多く見かけるようになりました。
しかし、この形をしたサドルで重要な部分のひとつである、「ノーズが2つに分かれ独立していること」はISMにしかできません。
2つに分かれているので、ペダリング時、ノーズ部分にしなりが生まれ、足(お尻)に追従し快適性を生み出しています。
もちろん、アイアンマン等でトップクラスのプロ選手が使用しているので、しなりによるロスがあるとも思えません。
彼らには、快適に、もちろん速く走ることに何の問題のないサドルとして認識されている訳で、事実、多くの勝利を手に入れています。
トライアスリートの使用率が高いですが、トライアスロン専用ではありません。
快適性の追求がこのサドルのコンセプトですので、ロードレース、ブルベ、また、一般的なサイクリングなどでも、気持ちよくご使用いただけます。

27